スポンサーリンク

ウツボカズラの夢 【第5話】

放送日

2017年09月02日 放送

放送周期

土曜日 23:40~

製作

フジテレビ

脚本

  • 藤井清美
  • 中村由加里

音楽

木村秀彬

主題歌

SPYAIR「MIDNIGHT」

出演者

斉藤 未芙由
志田未来
鹿島田 尚子
大塚寧々
福本 仁美
国生さゆり
吉岡 啓介
松本利夫
斉藤 はるか
玄理
斉藤 幸司
春田純一
鹿島田 隆平
上杉柊平
鶴岡 杏子
真木恵未
鹿島田 美緒
川島鈴遥
福本 知也
前田旺志郎
斉藤 幸恵
芳本美代子
鹿島田 雄太郎
羽場裕一
鹿島田 久子
松原智恵子

あらすじ

雄太郎(羽場裕一)の一言で、未芙由(志田未来)の鹿島田家での暮らしはあっさり終わりを告げた。鹿島田家を去り際、豪邸を見上げる。大きな家の中に少しずつ築いた自分の居場所、せっかく手に入れた家具…「ちょっと荷物を増やすためだけに、わざわざ東京まで来たんじゃない――」。悔しさがこみあげてくる。 長野の実家では予想通り、未芙由の居場所などなかった。父の幸司(春田純一)、弟の昇太(小林透弥)がはるか(玄理)とともに新たな家族を作っている中、未芙由は疎外感しか感じられず立ち尽くすばかりだった。「お前、鹿島田家で何やらかしたんだ?いつまでいるんだ?」父の言葉に何も返せず、未芙由はなんとか再び東京に戻る術はないか考えていた。一方東京では、尚子(大塚寧々)と吉岡(松本利夫)がさらに距離を近づけていた。主婦という立場に疲れていた尚子は、一人の女性として見られることに喜びを感じていた。吉岡が何者かの入れ知恵に従って行動していることなど夢にも思わず…。未芙由は、新学期から私立小学校に通う昇太のために、母の遺産を提供するようはるかから要求されるが、「お金は渡せない。東京に戻ったら必要だから」と拒否する。しかし、別に楽しくもない東京に戻って自分はいったい何がしたいのか…故郷の美しい景色の中で揺れ動く未芙由。どうして『東京』なんだろう…? その頃、東京の仁美(国生さゆり)は尚子と絶交してしまった後、知也(前田旺志郎)が美緒(川島鈴遥)を妊娠させた顛末がどうも腑に落ちず、思い悩んでいた。考えた末、未芙由に連絡を取るが、未芙由は何も知らないと答える。 未芙由は高校時代に思いを寄せていた柿崎(大和孔太)と再会する。初めはぎこちなかったものの、次第にかつてを思い出し打ち解ける2人。 柿崎は、未芙由に「ここにいてほしい」と告げるが…。

第5話

休眠、少女の変化

シェアする